ハザードマップ作成・リスク評価ソリューション

用途・適用業務

様々な用途・業務で活用

「Hazard Master」が提供するハザードマップやリスク評価リポートでは、地震・津波・液状化・洪水・土砂災害・高潮などの災害発生時、自社のオフィス、工場、倉庫などの関連施設の被害の可能性とそれぞれの災害のリスク評価をランク分けして見える化します。さらに近隣での過去地震、断層の有無、地震による火災の危険性、土地利用の変遷、地形と標高、過去の水害や地域条例などの情報を確認することができます。

これらにより、従業員の避難経路確保をはじめとして、拠点リスクを考慮した実践的な事業継続計画の策定、さらに被災軽減の施策や災害啓発活動などへの有効活用が可能です。

用途・適用業務(例)
BCP基礎資料
全拠点マップ、リスクと評価を見える化し、BCPへ組み込みます。
リスク管理
地震のみならず水害や土砂災害など幅広い災害リスクを考慮します。
顧客向け資料
顧客からのBCP問い合わせや提案資料に使用します。
備蓄品管理
災害毎の危険度による基準を設定し、最適な備蓄を実現します。
防災減災施策
見える化したリスクに対し、優先度を決め防災・減災施策を講じます。
拠点啓発活動
拠点のハザードマップとリスク評価は、啓発活動の重要な基礎資料となります。
避難訓練
想定災害は都度変更し、緊張感ある避難訓練を実施。現地による臨機応変な対応を目指します。
避難経路
ハザードマップにより、各種災害に応じた避難経路を確保します。
拠点管理
拠点・事業所毎のリスクを把握し、復旧期間、代替案、支援策を検討します。